香りのうつわ

 パナソニック留美術館「香りの器 高砂コレクション」展へ。
 香油・香水の容器、ポプリ入れなど西洋世界の「香りの器」と、聞香に使われた香道具に香木、香道の伝書など、日本の香りにまつわる道具類の二部構成。扱う時代は紀元前10世紀から20世紀までと幅広く、西洋を中心とした「香りの文化史」ともいうべき内容。展示品は小さなうつわが主体だが多岐に及んでおり、誰もがなにかしらお気に入りを見つけられるのではと思われた。
 展示の構成や出品作については展覧会や所蔵先の公式ページを参照いただくとして、個人的に気になった点を述べたい。
 最初のハイライトは、会場に入ってすぐ。紀元前の地中海地域やオリエントの香油壺・香油瓶の並ぶ小部屋で、目玉はなんといってもローマングラス。なかでも行燈ケース入りの4点は銀化の虹彩がきわめて美しく、目を奪われた。MIHO MUSEUMにあるような一撃必殺の絶品とまではいかないが、いずれも逸品。香料の大手メーカーによる企業コレクションとしての本気度が感じられた。
 もうひとつのハイライトは、ルネ・ラリックの部屋。ラリック作のガラス香水瓶には、ブランドからの依頼を受けて制作したものと、オリジナルとして生み出したもののふたとおりがあるのだが、その違いが作品からは峻別できないほど、どちらの作例においても変幻自在のデザイン性が発揮されていた。それでいて、どれもがラリックの仕事であるとはっきりわかる個性を備えている。ラリックの意表を突く発想には脱帽というほかない。
 ラリックのものを含め、会場にあるガラス製の香水瓶のいくつかには、まだ香水が残っていた。渋いウィスキーのようなその色合いに、わたしははっとさせられた。「このブランド」の「この香水」という、特定の商品ありきで発注されたこれらの香水瓶は、当然、その香水の香りや色合いを念頭に置いてデザインされたはずである。そういった前提に立つならば、香りも知らぬまま中身が空っぽの香水瓶をながめていても、デザインとしての本質やあるべき姿は見えてこないのではないか。そういったことを考えさせられたのだ。
 香りを扱う展示ゆえ、会場内にも馥郁たる香りが漂って……いればよかったのだが、感じられず。お茶の美術館に行けばすんとお香の残り香があるし、近年の奈良博の展覧会では日本香堂が「協力」としてクレジットに入っていて、やはり会場にほのかな香りを提供している。本展示においても、そのような工夫があってもよかったかもしれない(わたしの鼻が悪いだけだったら、ごめんなさい……)。
 ともかく、視覚的にも美的にも知的にも、なかなかに刺激的な展覧会であった。
 3月21日まで。

 

※ちょうど昨日、東京都庭園美術館の年間スケジュールが解禁された。夏にラリックの大きな展覧会が開催予定とのこと。ラリック自身が内装に関わった空間でのラリック展は、すばらしい展示となることうけあい。楽しみである